ボッグス氏の「26」欠番に レッドソックスが発表

[ 2015年12月22日 10:08 ]

 米大リーグ、レッドソックスは21日、首位打者を5度獲得し、米国野球殿堂入りしているウエード・ボッグス氏の現役時代の背番号「26」を永久欠番にすると発表した。来年5月26日に本拠地ボストンで記念式典を行う。

 ボッグス氏は1982年にレッドソックスでメジャーデビュー。主に三塁手としてヤンキースとデビルレイズ(現レイズ)でも活躍し、83年から7年連続で200安打以上を記録した。99年限りで引退し、通算3010安打で打率は3割2分8厘。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年12月22日のニュース