“甲子園のアイドル”早実OB荒木氏 33年ぶりユニ姿で始球式

[ 2015年12月21日 05:30 ]

大矢氏(手前)と始球式を行う早稲田OB・荒木氏

 早実OBの荒木大輔氏(51)が神戸二中(現兵庫)との記念試合で始球式を務めた。

 33年ぶりに「WASEDA」のユニホームに身を包んで甲子園のマウンドに立ち「グラウンドに立った時、懐かしい感じがした」。捕手役の元横浜監督・大矢明彦氏(68)相手への投球は外角へワンバウンドに。高校の大先輩、ソフトバンク・王貞治球団会長が今夏甲子園始球式で見事なストライクを投げただけに「あらためて王さんの偉大さを感じた」と苦笑いだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月21日のニュース