黒田、最高年俸は14年 ヤンキース時代の19億円

[ 2015年12月18日 05:49 ]

交渉前に改装中のグラウンドのマウンドで球団職員と話をする黒田(左)

黒田現役最高年俸の6億円で契約更改

 広島・黒田のメジャー時代の最高年俸は最終年となったヤンキース時代14年の1600万ドル(約19億2000万円)。メジャー通算7年間の総額は8100万ドル(約97億2000万円)。

 大リーグ全体で平均年俸の歴代トップは、このオフにダイヤモンドバックスと6年総額2億650万ドル(約248億円)で契約した先発右腕グリンキーで、平均年俸は約3442万ドル(約41億3000万円)。次いで先発左腕プライス(レッドソックス)と強打の一塁手カブレラ(タイガース)の3100万ドル(約37億2000万円)。※レートは全て1ドル=120円で換算。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年12月18日のニュース