宋家豪、母国・台湾で楽天入団会見「言葉の不安あるが…」 

[ 2015年12月15日 23:01 ]

母国・台湾で楽天入団会見を行った宋家豪投手

 楽天が育成契約を結んだ宋家豪投手(23)が14日に母国・台湾で入団会見を行い、その様子が15日、球団公式ホームページにアップされた。

 入団が決まり「非常に光栄。言葉の不安はあるが、練習したい」と決意。対戦したい相手として、打者は巨人・阿部、投手は日本ハム・大谷の名前を挙げた。

 宋は150キロ超の直球が武器で、11月に開催されたプレミア12は台湾代表として出場。会見で「この経験を今後の糧にしていきたい」と意気込んだ。

 楽天が海外で入団会見を行うのは初めてで、台湾のマスコミ20社、約70人が来場。現地の新聞でも大々的に取り上げられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年12月15日のニュース