オリ白仁田 結婚していた クビよぎっても「付いてきてくれた」

[ 2015年12月7日 05:30 ]

オリックスの白仁田

 オリックスの白仁田寛和投手(30)が結婚していたことが6日、分かった。

 お相手は神戸市在住だった25歳の一般女性。詳細については「一般の方なので」と明かさなかったが、3月3日に婚姻届を提出し、兵庫県内で新たな生活をスタートさせているという。

 知り合ったのは阪神在籍時の09年で交際期間は5年以上に及んだ。結婚を意識したのは自然の流れといい「プロに入ってからずっと結果が出なくて、毎年クビになるのかなと考えていた。それでも付いてきてくれた」と感謝。生涯の伴侶として支えることを誓った。

 その決意がブレークの秘密だったのか、大学・社会人ドラフト1巡目で入団した阪神7年間では6試合登板で1勝1ホールドだったが、今季は初の開幕1軍をつかみ43試合で2勝2敗2ホールド。5月13日楽天戦では救援登板し1回2/3無失点で移籍後初勝利。記念球を新妻にプレゼントした。

 飛躍となった今季だが「運も大きかった」と浮かれていない。シーズン終盤に左太腿肉離れを発症し、その影響で高知秋季キャンプも途中離脱した。現在はリハビリを終え体力強化に励んでいる。「来年もアピールをする立場。他の選手に負けないように頑張る」と、地に足をつけて臨む。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年12月7日のニュース