大谷 倍増の2億円でサイン、ダルに並ぶ最速到達「うれしい」

[ 2015年12月4日 15:34 ]

年俸2億円でサインした日本ハムの大谷

 日本ハム・大谷が4日、札幌市内の球団事務所で契約更改を行い、倍増となる年俸2億円でサインした。会見の席につき、「うれしいです。それだけの価値がある人物なのか、自問自答しながら練習をしていけば、プラスになると思う」と話した。高卒4年目での年俸2億円到達はダルビッシュに並び、史上最速タイとなる。

 今季は自身初の開幕投手を務め、15勝5敗、防御率2・24をマークし、最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手3冠に輝いた。来季はさらなる活躍を目指すことになるが、「来年はゼロからのスタート。4年目はすごく大事な年になる。目標の数字もしっかり考えて定めていきたい」と言葉を選んだ。

 また、侍ジャパンでチームメートだった広島・前田が今オフ、ポスティングシステムを利用してメジャー挑戦を目指すことになったが、このことについて大谷は「僕も目標にしていた投手。今回は一緒にやって勉強になった。大リーグに行く、行かないは別として刺激を受ける人だった」と話した。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年12月4日のニュース