白崎「錦織流」で体幹強化図る「バット持たず徹底的に」

[ 2015年12月1日 05:30 ]

 DeNAの白崎が「錦織流」の体幹強化で遊撃の定位置を狙う。男子テニス・錦織圭の特集を映像で見たことを明かし、「ラケットを持たず、体幹トレーニングを3カ月やり続けて強じんな体をつくり上げていた。僕もケガが多いのでバットを持たず、徹底的に体幹を鍛えます」と語った。

 2年目の今季は自己最多の6本塁打も、6月に両太腿裏が肉離れ寸前になるなど体力面が課題だった。10月に脱臼癖がついていた左肩を手術。今年は横須賀での自主トレも体幹トレーニングに時間を費やす。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年12月1日のニュース