関本&下柳氏がグルメ旅 金本新監督の豪快伝説次々披露

[ 2015年11月29日 08:48 ]

 今季限りで現役引退したプロ野球・前阪神内野手の関本賢太郎氏(37)、元投手の下柳剛氏(47)がMBSテレビ「水野真紀の魔法のレストランR」(月曜後7・00)で阪神沿線グルメ旅の収録に参加した。元同僚の葛城育郎氏(38)が兵庫県西宮市で経営する焼き鳥店など2店舗を巡り、2人は金本知憲監督(47)の豪快伝説を披露するなど盛り上がった。

 両氏は葛城氏が経営する阪神西宮駅からほど近い、「酒美鶏 葛城」に入った。最近では秋季練習後、金本監督も藤本敦士2軍内野守備走塁コーチ(38)らと一緒に訪れ、“ミーティング”していたという、阪神関係者ゆかりの店。「来年はうちでコーチ会議をやるんじゃないですか!?」と冗談を交えながら、調理場で包丁を握る?城氏。11年の引退後、焼き鳥店や鶏肉卸で修業し、2年前にオープンさせたその腕は本物。カウンターで月亭八光(38)も交え、鶏の刺し身、手羽先を堪能した。

 続いて若手選手がよく訪れるというJR西宮駅近くのお好み焼き店「かめかめ」を訪れた。2人は「ミックスホルモン焼き」などを豪快にパクリ。食事の合間にサイコロを振り、出たテーマを答える「サイコロトーク」で、下柳氏が引いたのは「阪神選手○○のグルメ伝説」。現役時代の金本監督を「めちゃくちゃグルメ」と言い、春季キャンプの宿舎に故郷の広島から焼き肉屋を“出張”させ、自ら選手、関係者分、すべてをごちそうする太っ腹だったという。

 次のテーマは「俺だけが知っている!真実の金本監督」。関本氏が「ベンチ裏にスイングルームがある。金本さんがフルイニング出場してた時、(代打の)僕がスイングする部屋で、試合後に1時間半も出てこなかった。打てなかった日じゃなくて、ホームラン打った日ですよ」と、鉄人伝説を披露。すると下柳氏も苦楽をともにした同い年だからこそ知る、秘密?も暴露した。

 先輩との初ロケに、関本氏は「ド緊張!」と笑顔で、最後は下柳氏が来季について「熱い試合になって、ファンが喜んでくれるのは間違いない」と太鼓判を押した。12月7日放送。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月29日のニュース