同姓多すぎて…オリドラ5吉田 ユニ表記「RYO」 登録名未定

[ 2015年11月29日 07:05 ]

加藤編成部長からオリックスの帽子をかぶせてもらい、緊張気味の吉田凌(左)

 オリックスからドラフト5位で指名された東海大相模の吉田凌が、西宮市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3500万円、年俸500万円で仮契約した。背番号は66。登録名は未定ながら、ユニホーム上の表記は「RYO」に決まった。

 チームには吉田一将、吉田雄人に、今年のドラフト1位・吉田正尚も加えて吉田姓が4人。ほかに2軍には吉田篤史投手コーチもいる。それだけに自身も「RYO」と表記に「新鮮。普段はヨッシーとかが多い。でも幼いころは凌と呼ばれました」と歓迎した。両エースとして東海大相模を今夏の甲子園優勝に導いた中日ドラフト1位の小笠原には「実績で負けないように」と闘志を内に秘めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月29日のニュース