PR:

セ・パMVPは山田&柳田!トリプルスリーコンビが初受賞

セ・リーグMVPのヤクルト・山田(右)とパ・リーグMVPのソフトバンク・柳田

 プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2015」が25日、都内のホテルで開かれ、今季のセ・リーグの最優秀選手(MVP)にヤクルト・山田哲人内野手(23)、パ・リーグの最優秀選手にはソフトバンク・柳田悠岐外野手(27)が選ばれた。ともに初受賞。

 文句なしの選出となった。山田は5年目の今季、打率・329、38本塁打、34盗塁をマーク。一方、柳田も5年目の今季は打率・363、34本塁打、32盗塁。ともにトリプルスリーを達成し、チームの日本シリーズ進出に大きく貢献した。

 壇上で受賞のあいさつに立った山田は「このような名誉ある賞をいただいて非常に光栄です。今年はシーズン途中、自分の思うような打撃成績じゃなかった時があるんですけど、その時にいろんな方に支えられて乗り越えて、トリプルスリーを達成することができました。感謝しています。この感謝の気持ちを忘れずに、これからも頑張っていきたい」。

 その後のインタビューでも「想像していなかったのでむちゃくちゃうれしいです。チームも優勝しましたし、個人としてもいい成績を残せたので本当に充実した一年でした」と喜びを表した。

 柳田も「名誉ある賞をいただき本当にありがとうございます。この賞は監督さん、コーチ、チームメート、裏方さんのおかげだと思っています。来季もこの賞に恥じないような成績を残していきたいと思います」とあいさつ。「本当にすごい選手がもらえる賞だと思っていたので、まさか自分が獲れるとは思っていなかった。チームが日本一になったので、自分の力だけではないと思うが、その中でも数字を残せられたので良かった。チームは日本一を2連覇しているので、とりあえず3連覇したいと思う」と来季のさらなる活躍を誓っていた。

[ 2015年11月25日 18:27 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月24日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム