由伸監督 周囲の目は意識せず「自分ができる精いっぱいの仕事を」

[ 2015年11月23日 10:30 ]

巨人・高橋新監督は選手「高橋由伸」として最後の出番を迎える

高橋新監督インタビュー(下)

 巨人・高橋由伸新監督(40)が23日、選手としての最終打席に立つ。「ジャイアンツ・ファンフェスタ 2015」(東京ドーム)の中で行われる「現役引退・監督就任セレモニー」でエースの菅野智之投手(26)と「1打席勝負」を行い、ラストスイングを披露する。原辰徳前監督(57)の辞任により引退即監督に就任。スポニチ本紙インタビューに応じ、ナインに向けて、現役生活を悔いなくやりきってほしいとメッセージを発した。(聞き手・大林 幹雄、川手 達矢)

 ――監督としてブルペンに足を運び、選手時代と視点は変わる?

 「今まで自分の目慣らしにブルペンには行っていた。それが“どういう球を投げたらこの投手は生きるんだろう”とか。今で言えば公文が投げ方を横手の変則気味に変えて“じゃあ、どういうふうにチームとして使うと生きるんだろう”とかね。そういう見方は去年はしていないわけで」

 ――尾花投手コーチに何か要望を出すことは。

 「それよりも正直に“分からないことばかりです。何でも聞くようにしますし、尾花コーチも遠慮なくどんどん考えを言ってほしい”と。(野手出身だけに)やっぱり一番難しいのは投手の代え時。尾花さんの経験の中で考えていることは教えてもらっています」

 ――選手なら自身のいい悪いがすぐ分かるが、チームを見る場合は必ずしもはっきりしない。

 「不安ばかりです。今は重要な結果というのがないので、まだ一喜一憂したりとか、そういうのはないからいいけど。シーズンが始まればどうなるか分からない。勝った負けたでどういう精神状態になるのかは、その時になってみないと」

 ――采配に関して教科書はない。指導法など参考にするものは。

 「それは実際、試合が始まってみないと分からない。試合の中で感じ取った直感の時もあるだろうし、根拠がある時もあるだろうし。どっちが正しいかといったら分からない。試合では結果が全てだし」

 ――やりながら身に付けるしかない。

 「そうですね。いいも悪いも(評価は)人それぞれだから、100人いて、100人がこの人がみんないい、という人はいないし。周りの見え方は意識しないで、自分ができる精いっぱいの仕事をしていきたいと思います」

 ◆高橋 由伸(たかはし・よしのぶ)1975年(昭50)4月3日、千葉県生まれの40歳。桐蔭学園で甲子園に2度出場。慶大では3年春に3冠王。通算23本塁打の東京六大学新記録をマークした。97年ドラフト1位(逆指名)で巨人に入団。98年は川上(中日)に新人王を譲るもセ・リーグ特別表彰を受賞。ベストナイン2度、ゴールデングラブ賞7度。04年アテネ五輪に出場して銅メダルを獲得。15年は打撃コーチを兼任した。通算成績は1819試合で打率.291、321本塁打、986打点、29盗塁。1メートル80、87キロ、右投げ左打ち。

 ▽高橋監督就任までの流れ 原前監督は10月17日、CS敗退が決まった試合後、辞任の意向を桃井恒和球団会長に伝え、19日に退任会見が開かれた。翌20日、打撃コーチ兼任の高橋由に久保博球団社長らが監督就任を要請。高橋由は「大変光栄な話」と前向きに語り、受諾した場合は現役を引退する意向を示した。23日に渡辺恒雄球団最高顧問、白石興二郎オーナーと面会して要請受諾を報告。「覚悟を持ってまい進します」と語った。26日に就任会見。3年契約、現役時代と同じ背番号24で指揮を執ることが決まった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月23日のニュース