巨人ドラ1桜井400勝超えだ!新人15選手が野球殿堂博物館を見学

[ 2015年11月23日 05:30 ]

野球殿堂博物館を訪れ、長嶋終身名誉監督のユニホームを見つめる巨人のドラフト1位・桜井(左)と2位・重信

 巨人ドラフト1位右腕の桜井(立命大)ら育成含む新人15選手が東京ドーム内の野球殿堂博物館を見学。

 歴代最多400勝のOB・金田正一氏ら、偉大な先人たちの歴史に感銘を受けた桜井は「この中(殿堂)に入れるように活躍したい。400勝を超える選手になりたい」と壮大な目標を掲げた。2位の快足外野手・重信(早大)は、歴代最多1065盗塁の福本豊氏の展示物に熱視線。「盗塁で記録をつくれるような選手になりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月23日のニュース