プレミア12ベストナインに大谷と中田、最優秀守備選手に坂本

[ 2015年11月21日 22:49 ]

<日本・韓国>5回2死、閔炳憲を三振に打ち取って吠える大谷

 国際大会の「プレミア12」を主催する世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は21日、「オールワールドチーム」(ベストナイン)と各タイトルを発表。日本代表からベストナインには、先発投手の大谷(日本ハム)、一塁手の中田(日本ハム)の2選手が入った。個人タイトルでは、大谷が最優秀防御率、中田が最多打点、坂本(巨人)が最優秀守備選手を、それぞれ獲得した。

 MVPには優勝した韓国から金賢洙が選出された。

 【主要タイトル】首位打者 マクブライド(米国)▽最優秀防御率 大谷▽最高勝率投手 ラルー(カナダ)▽打点王 中田▽本塁打王 林智勝(台湾)▽盗塁王 オデュベル(オランダ)▽最多得点 オニール(カナダ)▽最優秀守備選手 坂本

 【ベストナイン】先発投手 大谷▽救援投手 モルケン(カナダ)▽捕手 ソーサ(メキシコ)▽一塁手 中田▽二塁手 フレージャー(米国)▽三塁手 黄載鈞(韓国)▽遊撃手 ダール(オランダ)▽外野手 オデュベル、マクブライド、金賢洙▽指名打者 李大浩(韓国)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月21日のニュース