侍ジャパン5発7回コールドで3位、山田連発!韓国戦の憂さ晴らし

[ 2015年11月21日 15:34 ]

<日本・メキシコ>初回2死 山田は左中間に先制ソロを放つ

「プレミア12」3位決定戦 日本11―1メキシコ

(11月21日 東京ドーム)
 国際大会「プレミア12」は21日、東京ドームで3位決定戦が行われ、侍ジャパンはメキシコと対戦。山田の2打席連続アーチなど本塁打攻勢を掛け11―1で7回コールド勝ち。19日の準決勝で韓国に逆転負けを喫した侍ジャパンだったが、最終戦は白星で締めた。

 侍ジャパンは序盤から打線が爆発した。初回、3番山田のソロで先制。2回は相手失策で1点加点した後に山田が2打席連続となる本塁打を放った。その後も5番中田と7番松田が2ランで加勢。この回2死から7点を奪いリードを一気に広げた。

 8―1の6回には6番平田がタイムリー。7回には1番秋山が無死一塁から“サヨナラコールド”となる2ランを放ちゲームを決めた。

 先発の武田は危なげない投球で3イニングを1安打無失点。2番手・菅野はソロを浴びたが3回1失点で繋ぎ、山崎康も1回を無失点と盤石リレーでメキシコ打線を封じた。

 ▼「プレミア12」のコールドゲーム 5回以降15点差以上、また、7回以降10点差以上の点差がついた場合、その時点で試合終了となる。コールドゲームは3位決定戦には適用されるが、準決勝、決勝では適用されない。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2015年11月21日のニュース