大谷 また韓国圧倒!2試合で13回投げ3安打無失点、21Kの快投

[ 2015年11月19日 22:18 ]

<日本・韓国>5回にミン・ ビョンホンを三振に打ち取って吠える大谷
Photo By スポニチ

プレミア12準決勝 日本―韓国

(11月19日 東京D)
 国際大会「プレミア12」は19日、東京ドームで準決勝1試合が行われ、侍ジャパンは韓国と対戦。先発した大谷翔平投手(21=日本ハム)は初回から160キロをマークするなど立ち上がりからエンジン全開の投球で6回まで無安打投球。

 最速は160キロだったが、初回から計測。さらに140キロ台のフォークボールに加え、中盤からスライダーも織り交ぜ翻弄した。4回から5回の5者連続三振の時には4球投げるなど、7回記録した。7回にこの日初安打を浴びたものの7回1安打11奪三振無失点の快投を見せた。

 8日に行われた「プレミア12」の開幕・韓国戦(札幌D)でも自己最速となるプロ野球記録にあと1キロと迫る161キロをマークするなど気迫あふれる投球を披露。初回から150キロ台後半を連発し、160キロ台を3球マーク。6回2安打10奪三振で無失点に抑えており、2試合連続の2桁三振となった。

◆11月8日・1次ラウンド
6回 打者21人 91球 2安打 10奪三振 2四球 無失点

【1回】
イ・ヨンギュ  二ゴロ
チョン・グンウ 遊飛
キム・ヒョンス 空三振

【2回】
イ・デホ 空三振
パク・ビョンホ 二ゴロ
ソン・アソプ  四球
ホ・ギョンミン 空三振

【3回】
カン・ミンホ  見逃三
キム・ジェホ  二ゴロ
イ・ヨンギュ  見逃三

【4回】
チョン・グンウ 中飛
キム・ヒョンス 右安 
イ・デホ 二併殺

【5回】
パク・ビョンホ 右線二
ソン・アソプ  四球
ホ・ギョンミン 空三振
カン・ミンホ  空三振
キム・ジェホ  見逃三

【6回】
イ・ヨンギュ  遊ゴロ
チョン・グンウ 見逃三
キム・ヒョンス 見逃三

◆11月19日・準決勝
7回 打者22人 85球 1安打 11奪三振 1死球 無失点

【1回】
チョン・グンウ 三ゴロ 
イ・ヨンギュ  三ゴロ
キム・ヒョンス 空三振

【2回】
イ・デホ 死球
パク・ビョンホ  右飛
ミン・ビョンホン 二併殺

【3回】
ファン・ジェギュン 空三振
ヤン・ウィジ 空三振
キム・ジェホ 一ゴロ

【4回】
チョン・グンウ 右邪飛
イ・ヨンギュ  空三振
キム・ヒョンス 空三振

【5回】
イ・デホ 見逃三
パク・ビョンホ  空三振
ミン・ビョンホン 見逃三

【6回】
ファン・ジェギュン 三直
ヤン・ウィジ 二飛
キム・ジェホ 空三振

【7回】
チョン・グンウ 中前打
イ・ヨンギュ  空三振
キム・ヒョンス 空三振
イ・デホ 三ゴロ

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月19日のニュース