ヤンキース 新ブルペンコーチ就任 ハーキー氏が3年ぶりに復帰

[ 2015年11月17日 13:10 ]

投球練習を行う田中を見守るヤンキースのコーチと選手たち (AP)

 田中将大投手が所属するヤンキースは16日、新ブルペンコーチにマイク・ハーキー氏(49)が就任したことを発表した。

 ハーキー氏は2008年から13年までヤンキースでブルペンコーチを務めていた経験があり、今回の就任は同球団復帰ということになる。14年からは投手コーチとしてダイヤモンドバックスで2年間を過ごした。現役時代は先発右腕として活躍し、メジャー通算8年間で131試合に登板して36勝36敗、防御率4・49。

 なお、同日にはトニー・ペーニャ一塁ベース(58)が来季からその職に加え、捕手のキャッチングインストラクターを兼任することも発表された。ラリー・ロスチャイルド投手コーチ(61)は来季も残留する。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月17日のニュース