松井裕が初セーブ「バックが守ってくれると思って投げた」

[ 2015年11月12日 23:17 ]

プレミア12予選ラウンドB組 日本―ドミニカ共和国

(11月12日 台北・桃園)
 松井裕(楽天)が2点リードの9回を締めて初セーブを挙げた。

 セーフティーバントの処理で一塁手と呼吸が合わず、先頭打者の出塁を許した。それでも次打者を三ゴロ、最後は前打席で同点2ランを放った9番打者を併殺打に仕留めた。「前回(韓国戦)の投球を踏まえて楽に投げようと心掛けた。2点差なのでストライク先行なら心強いバックが守ってくれると思って投げた」と振り返り、安堵の笑みを浮かべた。(共同)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年11月12日のニュース