中日 森野 20%ダウンでサイン「納得したのは盗塁2個くらい」

[ 2015年11月12日 11:59 ]

 中日・森野将彦内野手(37)が12日、ナゴヤ球場に隣接される選手寮で契約更改交渉に臨み、20%ダウンの1億4000万円でサインした。

 3月に右母子末節骨骨折を患った今季は08年以来7シーズンぶりに100試合に届かない、82試合出場にとどまった。54安打、10打点で本塁打は14シーズンぶりに0本に終わり「波もなく最後まで沈んでいた。納得したのは盗塁2個くらい」と自虐的に笑った。

 巻き返しがかかる来季は「新しい形を作っていく」と新打撃フォーム習得に意気込み。通常は春季キャンプ前にしかバットを持たないが「年内から?そうですね。やらないと間に合わない。前倒ししていく」と“再生プラン”も明かした。「ケガをしないこと。結果を残すことを目標にしたい」とし、レギュラー奪回を目指す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月12日のニュース