楽天 FA今江に12日解禁即アタックへ 攻守で“若手の教科書”期待

[ 2015年11月12日 05:30 ]

ロッテからFAの今江

 フリーエージェント(FA)宣言選手が11日、コミッショナーから公示され、海外FA権を行使したソフトバンクの松田宣浩内野手(32)ら6選手が名を連ねた。楽天は交渉解禁となる、12日にロッテの今江敏晃内野手(32)に獲得オファーを出す方針を決定。右の強打者は近年の補強ポイントでもあり、「即日アタック」で最大限の誠意を示す。

 どうしても欲しい。だからこそ、12日の交渉解禁で「即日アタック」し、ハートをつかむ。球団幹部はFA宣言した今江について「勝負強いバッティングと高い守備力を評価している。チームの強化に必要な選手として獲得を目指すことにしました」と話した。

 梨田新監督で2年連続最下位からの巻き返しを狙う来季。まずは12球団最少の463得点に終わった打線の強化が急務だ。チームには銀次、藤田ら左打者が多く、中軸を任せられる右打者は近年の補強ポイント。今季はともに右打者のペーニャとサンチェス(ともに今季限りで退団)がシーズンを通して不振だったことも打線が低迷した一因だった。それだけに05、10年にともに日本シリーズでMVPに輝くなど勝負強い打撃に定評がある今江は魅力的な存在だ。

 チームのもう一つの課題は守備力の強化。特に今季は三塁手を固定できず、最多で48試合に先発出場したウィーラーを筆頭に銀次、藤田ら計9選手が守った。来季からは本拠地のコボスタ宮城の内外野が人工芝から天然芝に張り替えられる。不規則な打球が多くなるだけに、特に内野の守備力は勝敗に直結するほど重要だ。4度のゴールデングラブ賞を獲得している今江は喉から手が出るほど欲しい存在といえる。

 現在、岡山県・倉敷で行われている秋季キャンプでも西田、中川、内田ら右打ちの内野手が連日のように特打、特守を行うなど精力的に汗を流している。今江を獲得することができれば、そんな発展途上の若手の「手本」にもなれる。球団幹部も「強いリーダーシップでチームを引っ張り、若手の見本になれる選手」と高く評価する。

 すぐにオファーすることで近日中に入団交渉が行われるとみられる。ロッテは宣言残留を認めていないが複数球団との争奪戦に発展する可能性もある。今江の今季年俸は2億円。球団は複数年契約を用意する見込みで「誠意」だけでなく、条件面でも他球団に負けるつもりはない。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年11月12日のニュース