150キロ超剛球戻らず…BC群馬の前DeNA菊地 引退へ

[ 2015年11月12日 05:30 ]

BC群馬の菊地

 今季BCリーグ・群馬でコーチを兼任した菊地和正投手(33)が現役を引退することが11日、分かった。

 04年ドラフト6巡目で上武大から日本ハムに入団。09年には中継ぎで58試合に登板し、リーグ優勝に貢献。DeNAに移籍した12年も63試合に登板してセットアッパーとして活躍した。NPB通算成績は177試合で9勝7敗1セーブ、防御率3・54。昨オフ、DeNAを戦力外となり、同年10月に右肩手術を受けて再起を図ったが、150キロ超の剛速球は戻らず、10日の12球団合同トライアウトを受けて区切りをつけた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年11月12日のニュース