筒香 キヨシの前で3安打「気配は感じていましたよ」

[ 2015年11月12日 05:30 ]

<日本・メキシコ>3回1死満塁、筒香は右前適時打を放つ

プレミア12予選ラウンドB組 日本6―5メキシコ

(11月11日 台北・天母)
 侍ジャパンの筒香が9回1死二塁から勝負を避けられ、直後に中田がサヨナラ打。韓国戦は無安打だった5番打者は、3安打1打点と気を吐き「1打席目でヒットが出て、気持ちが楽になった。シーズンと変わらない気持ちで臨めた」と喜んだ。

 2回1死に左腕E・ガルシアから左前へ運ぶチーム初安打。中田の2ランで生還すると、2―1の3回1死満塁では右前適時打を放ってマウンドから引きずり降ろした。今季の対左腕打率・370という「左キラー」ぶりを国際大会でも発揮。5回は中前打と広角に打ち分けた。DeNA前監督・中畑清氏が仕事のため球場を訪れていて「中畑さんなので気配は感じていましたよ」と笑顔だった。

 ▼秋山(大会初安打を含む2安打)打撃練習が雨でできなかったので、1打席目からしっかり振っていこうと思った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年11月12日のニュース