由伸監督「ゼロじゃない」 来季“捕手・阿部”復活に含み

[ 2015年11月12日 05:30 ]

巨人の阿部

 来季は「捕手・阿部」が再び復活するかもしれない。今季、打撃に集中するため一塁手に転向した巨人・阿部の守備位置について、高橋新監督は「基本はファーストじゃないですか」と前置きした上で、捕手に就く可能性について「ゼロじゃないと思います」と含みを持たせた。その方針は本人にも秋季練習中にすでに伝えてある。

 今季は開幕直後に相川の故障で、一度は捕手に復帰。しかし、首痛で離脱し、復帰後は再び一塁手に戻った。それでも捕手2人制を敷いたシーズン終盤には「行けと言われたら行くしかない」と覚悟を口にし、緊急事態が起きた際の「第3捕手」としても備えていた。

 来季は小林、相川、加藤、実松らが正捕手争いを繰り広げることになるが、阿部が試合終盤に「ピンチキャッチャー」としてマスクをかぶることができれば、捕手へ代打を起用しやすくなる。指揮官は「そこまでのプランは全く(考えて)ないですけれども」と具体的な起用法は白紙とし「まずは打ってほしい。それがまずは基本にあってですね」と打棒復活に期待を込めた。 (青木 貴紀)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2015年11月12日のニュース