FAの中日・高橋聡 12球団OK!「もし話があれば全部聞くつもり」

[ 2015年11月12日 05:30 ]

FA宣言をした中日・高橋聡

 中日から国内フリーエージェント(FA)権を行使した高橋聡文投手(32)が11日、獲得に動く球団があれば全球団の話を聞いて結論を出す考えを明かした。

 この日にFA宣言選手と公示され、12日から交渉解禁。阪神などが「速攻」をかける可能性があるが、中日残留も含めてフラットな姿勢でオファーを待つ。

 「僕みたいな選手に手を挙げてくれるところがあればですけど」と前置きしながら「もし話があれば、全部聞くつもりです」と話した。直前まで悩み、ほとんど誰とも相談せずに権利行使を決めただけに「どうなるかまだ何もわからないんで」と照れ笑いだった。

 決断の条件については「ここでやりたいと思ったところでやりたい。フィーリングというか、ひらめきですかね」と、金銭面よりも熱意やプレー環境を重視。ただ、起用法については「自分が良ければ使ってもらえると思うんで、それは関係ない」と実力でポジションをつかむ構えだ。

 10年に浅尾との左右のダブルセットアッパーとして優勝に貢献。150キロ前後のストレートと持ち前のマウンド度胸を武器に63試合で4勝1敗31ホールド、防御率1・61と抜群の成績を残した。その後はケガに泣かされてきたが、今季は35試合で3勝3敗6ホールド、防御率3・51と復活の気配を見せている。32歳という年齢、年俸3000万円で補償不要のCランクというのも魅力だ。

 この日の午後に浅尾とともに自主トレ先の鳥取に出発。球界全体でも貴重な中継ぎ左腕の電撃的なFA宣言で、今後の動向に注目が集まる。 (山添 晴治)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月12日のニュース