巨人野球賭博問題 緊急アンケート 「不満」41.9%「満足」を上回る

[ 2015年11月12日 10:01 ]

無期失格となり、巨人から契約を解除された(左から)福田聡志、笠原将生、松本竜也の3投手

 スポニチアネックスでは、今回の巨人賭博問題に対するNPBの処分内容について、どう感じたかについて緊急アンケートを実施した。

 「不満」と感じた人が全体の41.9%と最も多く、「満足」の20.5%、「おおむね満足」の20.3%を合計した数字を上回った。

 「全ての球団に対しても徹底的に調査すべき」「氷山の一角としか見えない。もっとじっくり時間をかけてほしい」といった“調査不十分”を訴える声が多く寄せられ「処分を受けた3選手が責任をかぶった“トカゲのしっぽ切り”にしか見えない」「麻雀や賭けトランプに拘(かか)わった選手をすべて公表すべき」などという厳しい声もあった。

 一方で「どれだけ教育をしても、管理しきれない部分はある」「社会人として失格ですが、野球人として更生の道も残すべきではないか」などという意見もあった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月12日のニュース