FA青木に多球団が興味 移籍条件は「毎日プレーできる機会」

[ 2015年11月11日 05:30 ]

 ジャイアンツが来季契約延長権を放棄してFAとなった青木について、代理人のネズ・バレロ氏は多くの球団が獲得に興味を示したと明かした。「他球団は契約延長権放棄に驚いていたし、かなりの数の球団がすぐに興味を示した」。

 8月に受けた頭部死球による脳振とうの後遺症については「医師の診断でも問題ないし100%に戻っている」と強調した。今後について「勝てるチームであり、毎日プレーできる機会があること」と条件を挙げた。

 この日、インディアンスの正左翼手ブラントリーが右肩手術を受け来季開幕が難しくなり、米スポーツサイト・ファンサイデッドが獲得を提言するなど需要はありそうだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月11日のニュース