契約選択権行使バティスタら延長 フィリーズはリーの選択権放棄

[ 2015年11月5日 05:30 ]

 大リーグは3日(日本時間4日)、来季契約選択権を行使しての契約延長が相次いだ。ブルージェイズは3、4番を打つバティスタ、エンカーナシオンの両主砲と、先発ローテーションの一角ディッキーと契約を延長した。

 レッドソックスは7月に右肘を痛め故障者リスト入りし、そのままシーズンを終えた先発右腕バックホルツとの、年俸1300万ドル(約15億7300万円)の契約選択権を行使した。

 フィリーズは、08年ア・リーグのサイ・ヤング賞左腕リーとの、来季年俸2750万ドル(約33億2800万円)の選択権を放棄した。リーはFAとなった。左肘痛に苦しみ、今季は1試合も登板できなかった。ただ、解約金(バイアウト)として1250万ドル(約15億1300万円)がリーに支払われる。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月5日のニュース