5日プエルトリコ戦 守護神は松井「ゼロで抑える」

[ 2015年11月5日 05:30 ]

松井(右)と談笑する大谷

侍ジャパン全体練習

(11月4日)
 松井裕(楽天)は侍ジャパンで守護神デビューする。プエルトリコ戦で6投手の最後に投げることが決まった。

 侍デビューとなった3月11日の欧州代表との強化試合(東京ドーム)も4投手の最後に登板したが2―5の8回に救援し1イニングを1失点。次は勝ち試合を締めてアピールする。最年少の20歳左腕は「トップチームの最終イニングを投げられるのは光栄。ゼロで抑えて勝利のマウンドに気持ち良くいられれば」と抱負を語った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月5日のニュース