ロッテが秋季キャンプ開始、伊東監督「技術を身につけてほしい」

[ 2015年11月1日 18:56 ]

<ロッテ鴨川キャンプ初日>古タイヤを使った下半身強化に取り組む田

 ロッテは1日、千葉県鴨川市で秋季キャンプを開始した。午前は約2時間、シャトルランやサーキットトレーニングで体を鍛え、午後は技術練習にも取り組んだ。20日まで行われる。

 来季が4年目となる伊東監督はケース打撃の精度が足りないとし「キャンプ終盤にはしっかりできる技術を身につけてほしい」と注文。地下足袋でのロングティー打撃について「土をかむ感覚は大事。足袋だと踏ん張る力は内側にかかるから、野球につながる」と効果を説いた。

 京大出身初のプロ野球選手として注目された田中は、2試合の登板に終わった1年目を反省。「体の強さがまだまだ足りない。もう一度、1軍で勝負できるようにしたい」と抱負を口にした。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月1日のニュース