大阪桐蔭が12年ぶり優勝、滋賀学園に逆転勝ち 秋季近畿大会

[ 2015年11月1日 17:19 ]

 来春の選抜高校野球大会の出場校選考で重要な資料となる秋季近畿大会最終日は1日、大津市皇子山球場で決勝が行われ、大阪桐蔭が滋賀学園を3―2で下し、12年ぶり2度目の優勝を果たした。13日に開幕する明治神宮大会に出場する。

 大阪桐蔭は1回に1点を先制されたが、5回に内野ゴロの間に同点とし、9回に吉沢の二塁打で勝ち越した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月1日のニュース