ロイヤルズ ゾブリストがPO最多タイ記録となる8本目の二塁打

[ 2015年11月1日 13:46 ]

ワールドシリーズ第4戦、ロイヤルズのゾブリストは6回に今プレーオフ8本目の二塁打を放つ(AP)

ワールドシリーズ第4戦 ロイヤルズ5―3メッツ

(10月31日 ニューヨーク)
 ロイヤルズのベン・ゾブリスト内野手(34)が10月31日に行われたワールドシリーズ第4戦で、1シーズンでのプレーオフ最多タイ記録となる8本目の二塁打を放った。

 ゾブリストは6回、メッツの先発・マッツから左中間への二塁打を記録し、2011年のフリースとプホルスがマークして以来となる偉業を達成した。また、ア・リーグの選手が記録するのは、1945年にタイガースのハンク・グリーンバーグ以来、70年ぶりだった。

 ゾブリストの今プレーオフでの二塁打の内訳は、地区シリーズで1本、リーグ優勝決定シリーズで3本、そしてワールドシリーズで4本となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月1日のニュース