王者トヨタ自動車 初戦まさか…中日ドラ3木下強肩発揮も

[ 2015年11月1日 05:30 ]

<三菱重工広島・トヨタ自動車>連覇ならず、がっくりと引き揚げる木下(左)

スポニチ後援第41回社会人野球日本選手権第2日・1回戦 トヨタ自動車2―3三菱重工広島

(10月31日 京セラドーム)
 トヨタ自動車は12残塁と攻撃がかみ合わず初戦敗退。中日からドラフト3位指名を受けた木下は6回、中越え二塁打で反撃の口火を切ったが、勝利につながらなかった。

 4回1死二塁の先制機では三ゴロに倒れ「自分が打っていれば流れは変わったのに。凄く悔しい」。2度の盗塁阻止も見せた強肩捕手は、プロ入りに向け「しっかり準備して合流したい」と先を見据えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年11月1日のニュース