慶大 V消滅に大久保「残念。その一言」横尾主将は「意地見せる」

[ 2015年10月31日 17:57 ]

東京六大学野球秋季リーグ 慶大1―2早大

(10月31日 神宮)
 慶大が早慶戦1回戦で敗れ、優勝の可能性が消滅。大久保秀昭監督は「残念。その一言」と悔やんだ。
 
 毎回のように走者を出しながら決定打を欠いて11残塁。日本ハムからドラフト6位指名を受けた横尾俊建主将(4年)は「みんな生き生きやったので、いい試合になった。早大から勝ち点を取って意地を見せたい」と涙は見せなかった。

 今期5本塁打を放っている4番・谷田成吾外野手(4年)は1安打に終わったが「自分たちのやりたい野球はできた。そこは悔いはない」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月31日のニュース