メッツ ホームで打線爆発!12安打9得点でロイヤルズに快勝

[ 2015年10月31日 12:30 ]

ワールドシリーズ第3戦、3回に逆転2ランを放ったメッツのグランダーソン(右)をチームメートが迎える(AP)

ワールドシリーズ第3戦 メッツ9―3ロイヤルズ

(10月30日 ニューヨーク)
 米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)は30日、ニューヨークで第3戦が行われ、メッツ(ナ・リーグ)がロイヤルズ(ア・リーグ)に快勝を収め、対戦成績を1勝2敗とした。

 メッツは2―3とビハインドの3回、グランダーソンの右越え2ランで逆転。続く4回にはコンフォートの適時内野安打でリードを広げると、6回には代打・ウリベの適時打などで一気に4得点を挙げた。

 先発のシンダーガードは6回7安打3失点で降板。序盤に3失点を喫したが、3回以降は1安打無失点と見事に投球を立て直した。7回以降はリード、クリッパードとリレーし、9回はファミリアが試合を締めた。

 ロイヤルズは先発のベンチュラが4回途中、3回1/3を投げて7安打5失点と試合をつくることができなかった。打線は初回にホスマーの併殺崩れで先制。2回にも4安打を集めて2得点を挙げたが、3回以降は1安打無得点と沈黙した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月31日のニュース