ブルワーズ主軸のブラウンが背中の手術 来季への影響なし

[ 2015年10月31日 10:51 ]

ブルワーズのライアン・ブラウン外野手 (AP)

 米国の複数メディアは30日、ブルワーズのライアン・ブラウン外野手(31)が今季終了後に背中の手術を受けていたと伝えた。

 スターンズGMが前日の29日に明かしたもので、手術は無事に成功して全治3~4週間とのこと。来春のキャンプ参加には影響がない見通しだという。

 ブラウンは今季、140試合に出場して打率2割8分5厘、25本塁打、84打点をマーク。しかし、終盤は慢性的な背中の痛みに苦しみ、最後の18試合中14試合に欠場していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月31日のニュース