中日・落合GM 今年は契約更改交渉に参加せず 一昨年オフは大幅コストカット断行

[ 2015年10月31日 07:50 ]

中日の落合GM

 中日の今年の契約更改交渉に落合博満ゼネラルマネジャー(61=GM)が参加しないことが30日、分かった。西山和夫球団代表(66)が明かした。

 「今年は私一人でやります。去年、一昨年は私もチームの全部を把握していたわけじゃなかったけど、勉強させてもらった。基本的には査定通りやっていく」

 一昨年オフに落合GMが就任すると、契約更改の球団側の交渉役として減額制限ギリギリかそれを超える提示を連発。合計8億円以上を「コストカット」し、GMとしてもいきなりオレ流を見せつけた。昨年も西山代表とともに全選手の交渉に臨席したが、1度目で保留した大島、平田の2度目の交渉からは参加せず物議をかもした。

 時期的にも、昨年は12球団最速の11月1日にいきなり谷繁兼任監督からスタート。その後も主力から順に次々と交渉をこなしたが「今年は11月に一気にという風にはならないと思う。私も他の仕事もあるので」と西山代表。迫力満点の交渉人が不在で、厳格な信賞必罰の「オレ流査定」に変化が出るのかに注目だ。(山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月31日のニュース