片岡 由伸監督と打撃論 手袋はめず素手にこだわるワケ

[ 2015年10月31日 05:30 ]

内田コーチ(右端)の指導を受ける(左から)長野、大田、片岡、坂本

 巨人・高橋監督が片岡と打撃理論を交わした。

 手袋をはめず素手で打撃練習に取り組む片岡に、「何で素手でやっているの?」と質問。人さし指と中指に頼りがちな点を修正し薬指と小指を意識する狙いがあると聞き出した。腕の小指側に位置する筋肉の力を強化しバットを遠回りすることなく内側から出せるようにしたいという。高橋監督自身も意識していた点だと確認した片岡は「素手でバットを振り込んでマメをつくろうと思っています」と気持ちを新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月31日のニュース