工藤監督 V3へ“非情テスト” 来春できなきゃ「サヨナラだよ」

[ 2015年10月31日 05:30 ]

日本一から一夜明け、歓喜の瞬間を伝えるスポニチ本紙を手にするソフトバンク・工藤監督

 V3へ、あえて鬼になる。ソフトバンク・工藤監督は日本一連覇から一夜明け、都内のホテルで取材に応じ、来年2月1日の宮崎キャンプ初日にA組(1軍)、B組(2軍)の振り分けテストを行う考えを明かした。

 前夜は午前3時すぎまでテレビ収録を行い、「寝不足です」と笑ったが、それも一瞬だけ。すぐに視線を来季に向けた。

 「春季キャンプのテーマは強化。2月1日にテストをやる。投手でいえば持久力、筋持久力。それがクリアできていない選手はB組。やっていない人間はサヨナラだよ」

 ポストシーズンでも圧倒的な強さを見せたが、現状に満足するつもりは毛頭ない。この日は午前中に横浜市内の自宅に戻ったが、休みは1日だけ。秋季キャンプに合流するため、きょう31日には宮崎入りする。そこでは、11月4日から合流する二保、東浜、森、千賀、飯田ら若手投手陣を「投げることより(体を)強くする」ことを目的に鍛え上げる。ノルマに課した筋力アップは故障の予防にもつながるからだ。

 日本一3連覇は、90~92年の黄金期の西武までさかのぼる。自身が在籍した時期だけに、どれだけ険しい道のりか分かっている。「連覇して一息つきたいところだけど、来年に向けて覚悟を決めないとね」。工藤ホークスにバラ色のオフはない。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月31日のニュース