そろって背番号披露 掛布2軍監督は横田を後継指名、金本監督は球児と接触

[ 2015年10月31日 05:30 ]

「6」と「31」のユニホーム姿で笑顔をみせる金本監督(右)と掛布2軍監督

 甲子園で行われてきた秋季練習最終日に、阪神の2人の新指揮官が背番号6と31のユニホーム姿をそろって初披露した。

 金本監督は「新鮮です。ジャージーより気分も変わりました。少しブカブカかなという印象です」と感想を述べ、掛布2軍監督は背番号の後継者候補として20歳の横田の名前を挙げ「長打力のある選手を育てたい気持ちは(金本)監督も強い」と話した。また、金本監督は、獲得に動いている独立リーグ・前高知の藤川について「ぼちぼち話をしています。状態とかも分からないから」と接触していることを明かした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月31日のニュース