DeNA加藤、今季限りで引退「今はすっきりしています」

[ 2015年10月28日 05:30 ]

 DeNA・加藤政義内野手(28)が今季限りで現役引退することが27日、分かった。「今年駄目だったら辞めようと思った。両親に話したら“自分が一番分かっているでしょ”と言われた。今はすっきりしています」。

 東北高―九州国際大を経て09年ドラフト3位で日本ハムに入団。13年オフにDeNAに移籍し、プロ6年目の今季は1軍出場がなかった。通算52試合で打率.193、1本塁打。「日本ハムに入って(東北高で1学年上だった)ダルビッシュさんの後ろで守れたのが良い思い出」と振り返った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年10月28日のニュース