明大・菅野が新記録 通算28本目二塁打、高木大成超えた

[ 2015年10月26日 18:02 ]

2回無死、明大・菅野はリーグ通算最多二塁打記録を更新する右中間二塁打を放つ

東京六大学野球秋季リーグ第7週第3日 明大1―2法大

(10月26日 神宮)
 明大の菅野が通算二塁打を28本とし、高木大成(慶大)が1992~95年にマークしたリーグ最多記録を塗り替えた。

 二回の第1打席で低めの変化球を捉え、右中間を破った。「やっと出たなという感じだった。長い歴史の中に自分の名前が刻まれるのはうれしい」と振り返った。

 だが、優勝の懸かった一戦を落とし、4番打者は「勝って決めたかった。(新記録を)素直に喜べない」と表情を曇らせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月26日のニュース