×

立大 逆転で4位確定 最終戦で4年生が意地見せた

[ 2015年10月26日 05:30 ]

<東大・立大>6回2死一、二塁、立大・酒井田の中前適時打で生還した鈴木は吠える

東京六大学野球第7週第2日 立大6―3東大

(10月25日 神宮)
 4年生が意地を見せ、立大は逆転勝ちで4位を確定させた。

 1点を追う6回に同点となる中越え二塁打を放った鈴木主将は「後ろにつなぐ気持ちだった。(4年間は)結果が出なくてつらかったが、この経験をバネに社会人で頑張りたい」と前を向いた。2番・酒井田は勝ち越しの中前打を放ち、「最後の試合は4年生で頑張ろうと話していたので良かった」と満足そうだった。

 ▼東大・浜田一志監督 ここまでやってきた選手には敬意を表したい。投手陣と守備を鍛えて、1―0で勝てるようにしたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2015年10月26日のニュース