盛田さんの早すぎる死悼む 出身地の北海道で通夜 三浦ら参列

[ 2015年10月19日 20:26 ]

 プロ野球の大洋(現DeNA)、近鉄で救援投手として活躍し、16日に45歳で死去した盛田幸妃さんの通夜が19日夜、出身地の北海道鹿部町で営まれた。約400人が参列し、脳腫瘍を克服し現役復帰した「奇跡のリリーバー」の早すぎる死を悼んだ。

 プロ野球関係者では、大洋入団の後輩でDeNAの三浦大輔投手が姿を見せた。三浦投手は「マウンド上で、攻めのピッチングを教えていただいた。寂しいし、残念。すごく頑張っていたので、今はゆっくりと休んでほしい」と目を伏せた。

 会場では、京都の寺社巡りやプラモデル作りが趣味で、チームメートにあだ名を付けるなど、親しみやすかった人柄が紹介された。遺族が「何度もがんの手術を繰り返しながらも、最後まで現場復帰を願ってやまなかった」とあいさつすると、すすり泣く声が響いた。

 盛田さんは、1988年に函館有斗高(現函館大有斗高)から大洋に入団。速球と鋭いシュートを武器に活躍した。近鉄移籍後の98年に脳腫瘍を発症したが、摘出手術を経て復帰。2001年のリーグ優勝に貢献した。

 02年の引退後は、野球解説者などとして活躍したが、近年、腫瘍が再発し、療養生活を送っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月19日のニュース