オリ 福良監督代行、宮内オーナーへあいさつ「恩返ししたい」

[ 2015年10月19日 15:23 ]

 オリックスの福良淳一監督代行が19日、東京都内のオリックス東京本社で宮内義彦オーナーにあいさつし、監督として采配を振る来季へ「(オーナーからは)思い切ってやってくれという温かい言葉をいただいた。機会をもらったことに感謝しているし、恩返ししたい」と抱負を語った。

 大型補強で臨んだ今季は出だしからつまずき、6月に森脇浩司監督が休養。福良代行が指揮を執ったが5位に終わった。宮内オーナーは「よほど悪くても3位だろうと思っていた。不本意なシーズンだった」と残念そうに振り返った。

 現役を阪急、オリックスで全うした新監督への期待は大きく、同オーナーは「言うまでもなくこのチームで育った。帰属意識、当事者意識を持っていると思う。来季はチャレンジすることに尽きる」と激励した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月19日のニュース