故障者続出が原因?ナショナルズが来季のトレーナーを総入れ替え

[ 2015年10月19日 13:28 ]

左足を押さえるナショナルズのハーパー(中央)を見守るトレーナー (AP)

 米複数メディアは18日、ナショナルズがヘッドトレーナー、アシスタントトレーナー、そしてコンディショニングコーチのトレーナー陣3名と来季の契約を結ばない考えであることを伝えた。

 今季のナショナルズは、投手ではストラスバーグ、フィスター、ジマーマン、スタメン、野手ではスパン、ワース、レンドンが故障で試合欠場を余儀なくされることが多く見られた。ベストメンバーで試合に臨むことができないチームは終盤に失速。メッツに逆転で地区優勝をさらわれ、プレーオフ進出を逃がした。

 もちろんすべてがトレーナーの責任ではないが、今季は故障による欠場者がメジャー30球団中7番目に多いという数字もある。ここ数年を見てみても故障者が多い傾向にあることから、チームはその現状を改善すべく、今季終盤からトレーナー陣の刷新を考えていたという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月19日のニュース