DeNA新監督にラミちゃん 明るいキャラクターで人気

[ 2015年10月19日 08:23 ]

来季DeNAの監督を務めるラミレス氏

 外国人選手として初の通算2000安打を達成したアレックス・ラミレス氏(41)がDeNAの新監督に就任することが19日、関係者の話でわかった。球団初の外国人監督となる。

 DeNA参入1年目の2012年から指揮を執った中畑清監督の退任を受け、本拠地の横浜にゆかりのある候補を中心に人選を進めていた。ヤクルト、巨人で活躍した後の12年から2年間、DeNAに在籍したラミレス氏はチームや選手の事情を把握しており、次期監督に適任と判断した。

 ベネズエラ出身のラミレス新監督は米大リーグ、インディアンスなどでプレーした後の01年にヤクルト入り。巨人に移籍した08年から2年連続でMVPに選ばれ、13年間で首位打者1回、本塁打王2回、打点王4回獲得した。DeNAには球団初年度の12年から2年間在籍。13年4月に外国選手枠で入団した選手として初の通算2000安打を達成した。

 本塁打を放った際の「ゲッツ!」パフォーマンスなど明るい性格で人気を集め、監督としても中畑監督に続き“ネアカ”キャラクターで注目を集めそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月19日のニュース