栗山監督 原監督に「長く監督をやる難しさとか、いろいろと感じた」

[ 2015年10月19日 05:30 ]

<慶大・明大>視察に訪れた日本ハム・栗山監督

 日本ハム・栗山監督が前日に続き、神宮球場で東京六大学野球を視察した。

 22日のドラフト会議へ向け、大渕アマスカウトディレクター、木田GM補佐と意見交換しながらドラフト候補の動きをチェック。また、辞意を表明した巨人・原監督について「長く監督をやる難しさとか、いろいろと感じた」。中学生時代に東海大相模の練習を見学したときに出会って40年弱。「いろんなことを学ばせてもらった。思い出は日本シリーズ(12年)。でも、負けたままなので。またいつかそういうときが来ると信じたい」とグラウンドでの再戦を願っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月19日のニュース