ロイヤルズ リーグ連覇へ第一関門突破!クエト真価の好投

[ 2015年10月16日 05:30 ]

地区シリーズ突破を決め喜ぶロイヤルズのメンバー(AP)

ア・リーグ地区S第5戦 ロイヤルズ7―2アストロズ

(10月14日 カンザスシティー)
 ア・リーグは14日(日本時間15日)、いずれも2勝2敗で迎えた地区シリーズの最終第5戦を2試合行い、ロイヤルズは7―2でアストロズを下し、2年連続で同シリーズ進出を果たした。

 背信投球が続いていたクエトが8回2安打2失点と好投し、地区シリーズ突破を決めた。ドレッドヘアをなびかせるトルネード投法が特徴の右腕は、7月末にレッズからトレードで加入したが、移籍後は4勝7敗、防御率4・76。今シリーズ第2戦でも6回4失点と期待を裏切っていた。「大舞台で本当の自分を見せることができた」と破顔一笑。青木(現ジャイアンツ)らを擁した昨季に続く、リーグ連覇へ大きく前進した。

 ▼アストロズ A・J・ヒンチ監督 全てを出し尽くしたが、きょうはクエトの夜だった。いい気持ちではない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月16日のニュース