オリ中島、オムツ替えにも挑戦中…9月に相沢紗世と結婚&第1子誕生

[ 2015年10月15日 05:30 ]

美人妻ゲット!結婚し、パパとなったオリックス・中島

 オリックスの中島裕之内野手(33)が14日、今年9月下旬にモデルの相沢紗世(37)と結婚し、第1子となる女児も誕生したことを明らかにした。この日、ほっと神戸で秋季練習をスタートさせた中島は「家族ができて僕も新しいスタートになるので、来年は頑張らないといけない」と決意を新たにした。

 出会いは西武に在籍していた4年前。11年1月に女性ファッション誌の企画で相沢の対談連載に中島が登場した。一目ぼれした中島はいきなり「デートしてください!」と4歳年上の美女に堂々と申し込んだ。デートは同年の開幕前に実現し、5月ごろから交際をスタート。大リーグに挑戦していた13年からの2年間も遠距離恋愛を続けていた。「刺し身とか寿司とか、2人の食べられないものが似ていたのも大きかった。一緒にいて気を使うこともないし(相沢は)サバサバした感じ」と相性が合ったという。

 相沢は煮物などの日本料理が得意で、自身のブログで披露している手料理も野菜をふんだんに使ったヘルシーな和食が中心。中島は左太腿裏の肉離れやぎっくり腰などで5~6月はリハビリを続けていたが、「家でご飯をつくってくれていた」と言い、多忙なモデル業と並行して、献身的なサポートを受けていた。

 現在は長女と3人暮らし。慣れないオムツ替えには「力が入りますわ」と挑戦中のようだが、「両方の親も喜んでくれているので、みんなで仲良くやっています」と幸せな新婚生活を明かした。国内に3年ぶりに復帰した今季は打率・240、10本塁打、46打点と不本意な成績に終わったが、守るべき家族ができて、来季の巻き返しが期待される。

 ◆中島 裕之(なかじま・ひろゆき)1982年(昭57)7月31日、兵庫県生まれの33歳。伊丹北から00年ドラフト5位で西武入団。08、09年に最高出塁率、09年に最多安打のタイトルを獲得。ベストナイン4度、ゴールデングラブ3度。13年から2年間、アスレチックスに所属もメジャー出場なし。今季からオリックスでプレー。通算成績は1342試合で打率・297、172本塁打、784打点、142盗塁。1メートル80、90キロ。右投げ右打ち。

 ◆相沢 紗世(あいざわ・さよ)1978年(昭53)7月24日、広島県生まれの37歳。地元でスカウトされ、広島商卒業後にファッションモデルとしての活動を開始。98年に24代目のクラリオンガールに選出。「ViVi」「CLASSY」などの雑誌で専属モデルを務めた。さまざまなCM、ドラマにも出演。趣味はドライブ、温泉、映画観賞など。1メートル67。血液型AB。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月15日のニュース