阪神・中西投手コーチ、今季限りで退団濃厚 風岡守備走塁コーチも

[ 2015年10月15日 08:00 ]

 阪神・中西清起投手コーチ(53)が今季限りで退団することが濃厚となった。今季は先発5、6番手を最後まで固定できないなど、チーム防御率はリーグ5位の3・47と低迷。球団創設80周年のメモリアルイヤーで、V奪回とはならなかった。

 中西コーチは2004年に1軍投手コーチに就任。09~12年までは2軍投手コーチを歴任し、13年から再び1軍投手コーチを務めていた。05年には藤川、ウィリアムス、久保田によるJFKトリオを結成。リーグ優勝に大きく貢献した。

 打撃部門では、得点力不足の責任を取って、関川浩一打撃コーチ(46)が今季限りでの退団が決定。風岡尚幸守備走塁コーチ(47)も退団し、オリックスのコーチに転任するもようだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月15日のニュース