栗山ハム 涙の終戦 大谷ら若い力に自信も「4年間で一番悔しい」

[ 2015年10月13日 05:30 ]

<日・ロ>8回1死一、三塁、三振に倒れる大谷

パ・リーグCSファーストS第3戦 日本ハム1-2ロッテ

(10月12日 札幌D)
 勝負手は決まらず、2年連続のファイナルS進出を逃した。日本ハム・栗山監督は、目に涙をためていた。「全て僕の責任。例年以上に悔しさが残る。4年間で一番悔しい」。大谷を中心とした若い力に自信を持っていただけに悔しくてたまらなかった。

 1点を追う8回1死一、三塁。絶好の場面で代打・大谷を起用すると、札幌ドームに大歓声が沸き上がった。2日前の初戦は2回2/3を5失点KO。雪辱に燃える思いに懸けたが、フルカウントから4番手・内のワンバウンドのスライダーに手を出し、空振り三振に倒れた。大谷は「悔しい。今年は低めのああいう変化球を見送ることができていない」と唇をかんだ。

 栗山監督は「野球の神様が、翔平(大谷)に与えてくれている“まだやらないといけないことがたくさんある”という完全なるメッセージ」と言った。自己最多の15勝など投手部門3冠のタイトルを獲得するなど飛躍を遂げたが、CSでは投打ともに不本意な結果で3年目のシーズンが終わった。 (柳原 直之)

 ▼日本ハム・有原(7回にデスパイネから被弾。前日の勝ち投手が一転、負け投手に)自分の1球でチームの今年が終わってしまった。申し訳ないし、悔しい。この経験を来年に生かしたい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月13日のニュース